読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーラシア旅行社海外ツアー情報

世界130ケ国以上を扱うユーラシア旅行社が海外旅行の最新情報をお届けします。

世界文化遺産のカトマンズ盆地の古都と4つの宗教建築(ネパール)

ユーラシア旅行社のアジアツアー

f:id:KAWAHATA_ETC:20131025134537j:plain

 

15世紀から18世紀にかけて、
3つのマッラ王朝が盆地に独立・君臨した頃の古都

カトマンズ、パタン、バクタブルは

周辺の4つの宗教建築と併せて

カトマンズの谷」として世界遺産に登録されています。

 

仏教、ヒンドゥー教と土着の宗教が混在している

カトマンズ盆地では、
人々の生活と信仰は切っても切り離せません。

小高い丘の上に建つ
ネパール最古のスワヤンブナート寺院と、
町の約7kmに位置するネパール最大の
巨大なストゥーパ(仏塔)を持つボダナートは、
ともに仏教(チベット仏教)の聖地であり、
いつも沢山の巡礼者がいます。

 

一方、チャングナラヤン寺院と
パシュパティナートはヒンドゥー教の聖地です。

ユーラシア旅行社のネパールツアーでは、
ヒンドゥー教の神ヴィシュヌ神の化身である
ナラヤン神を祀ったチャングナラヤン寺院へは、
ナガルコットから2時間ほどのハイキングで訪れます。

 

パシュパティナートは

聖なる河ガンジスの支流であるバグマティ川の畔に建つ
ネパール最大のヒンドゥー寺院。
亡くなった人をここで荼毘に付し、
その遺灰を聖川に流すことで来世の幸福を祈るのです。

 

ネパールツアー|ネパール旅行はユーラシア旅行社で