読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーラシア旅行社海外ツアー情報

世界130ケ国以上を扱うユーラシア旅行社が海外旅行の最新情報をお届けします。

昨年、EU加盟国となったばかりのクロアチアへ!

ユーラシア旅行社のヨーロッパ・ツアー

f:id:KAWAHATA_ETC:20140306115938j:plain

ヨーロッパの火薬庫とも呼ばれるバルカン半島

「7つの国境、6つの共和国、5つの民族、4つの言語、3つの宗教、2つの文字、1つの国家」があるとまで言われた共産主義国ユーゴスラビアは、故チトー大統領の指導力とカリスマ性によって、かろうじてバランスが保たれていました。
しかし、1980年に彼が亡くなるやいなや、バルカン半島はたちまち乱れ、あちこちで内戦となりました。
そんな中、1991年、もともとハプスブルグ帝国領で、バルカン半島でも北側に位置するスロヴェニアクロアチアがまっ先に独立を宣言。
スロヴェニア人が90%を占めていたスロヴェニアはいち早く平和を手にし、2004年にはEUに加盟、2007年には通貨をユーロとしました。
しかし、クロアチアは独立宣言後、長きにわたる内戦に突入。それは国内に約12%占めていたセルビア人との確執によるものでした。

結局、1995年まで続いた民族紛争の結果、クロアチア内のクロアチア人の比率は75%から90%に、そしてセルビア人は4.4%になりました。
こうして凄惨な戦闘が終わり、クロアチアにもようやく平和が訪れました。
世界遺産の街、ドブロヴニクは一時危機に瀕した遺産=「危機遺産」に指定されましたが、1998年には解除されました。

そして、ようやく昨年(2013年)7月1日、クロアチアはEUに加盟しました。

 

そんなクロアチアで、世界的な観光地として注目を浴びているのが「アドリア海の真珠」と称されるドブロヴニクです。

街はすっかり修復されていて平和そのものですが、実は、鮮やかなオレンジ色の屋根は、戦闘で破壊された屋根をフランスのトゥールーズより寄付された瓦で葺きかえられたものです。
また、聖フランシスコ修道院にはロケット弾が貫通した跡がいまだに残されています。

 

EU加盟国となり、今後どんどん観光も楽しみやすくなるであろうクロアチアに、是非、お出かけ下さい。

 

クロアチアツアー、クロアチア旅行ならユーラシア旅行社