読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーラシア旅行社海外ツアー情報

世界130ケ国以上を扱うユーラシア旅行社が海外旅行の最新情報をお届けします。

民族と文明が複雑に織りなすコーカサスの国々

ユーラシア旅行社のヨーロッパ・ツアー

f:id:KAWAHATA_ETC:20140325111829j:plain

 

コーカサス三国」とはコーカサス山脈の南側、南コーカサスの3つの独立国、アゼルバイジャングルジアアルメニアを指します。

いずれも旧ソ連の領土でしたが、ペレストロイカ以降、独立を果たしました。

 

アゼルバイジャンとは「炎の国」の意味で、古くから天然ガスも噴き出し、途絶えることのない炎は“聖なる火”として崇められ、かつては拝火教の寺院もありました。

また、近年、西欧の技術でカスピ海から原油が採掘されるようになり、産油国として急激に発展しています。

 

グルジアは肥沃な国土でブドウ栽培が盛んで、グルジアワインは名産品です。

帝政ロシアの南下政策で整備されたグルジア軍用道路の終着点、カズベギからは、

カズベギ山(5033m)の絶景がご覧いただけます。

 

アルメニアの誇りは、ノアの方舟が辿り着いたと言われるアララト山

国旗のデザインはもちろん、銀行や名産のコニャックなどの名前にもなっています。

ただし、実はアララト山自体は現在はトルコ領なのですが。

 

複雑に民族と文明が絡み合い、ひとくくりにできないほど多様な顔を持つ3ヶ国。

 

ユーラシア旅行社のコーカサスツアーで、これらの国々の魅力を探訪しに出かけませんか?