読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーラシア旅行社海外ツアー情報

世界130ケ国以上を扱うユーラシア旅行社が海外旅行の最新情報をお届けします。

乾季のウユニ塩湖の魅力

ユーラシア旅行社の南米ツアーツアー

f:id:KAWAHATA_ETC:20140421120816j:plain

高低差はたった50m。

世界で最も平らな場所と言われるボリビアの高地平原アルティプラーノの中央に広がる塩の大地、ウユニ塩湖。

南北100㎞、東西250㎞、面積1200㎢という世界最大の塩湖は、琵琶湖の18倍もの面積を持つ。

近年日本のメディアには「鏡の世界」と言われる雨季が多く取り上げられているが、乾季にもそれに引けを取らない程の絶景が広がり、通年通して多くの観光客が足を運び、訪れる人が後を絶たない。

ウユニ塩湖は、数百年前アンデス山脈が隆起した際、海底が海水ごと持ち上げられ、取り残され、海水の水分中の塩が固まりできた塩湖である。

雨季に降った大量の雨が溜まり、湖となり、乾季の猛烈な日差しにより水は干上がり、乾いた塩湖が現れる。

ウユニ塩湖の観光では四輪駆動にて広大な湖を走行するのだが、乾季は雨季に比べて水が張っていない分、行動範囲がぐっと広がるのも魅力の一つだ。

 

f:id:KAWAHATA_ETC:20140421121218j:plain

 

塩湖の中央に位置する「インカ・ワシ島」。通称「サボテン島」と言われる程、島内には多くのサボテンが林立しており、中には樹齢数百年という巨大サボテンもあるから驚き。

少々息を切らして到達した頂上からは、島全体、更には360度ウユニ塩湖のパノラマが望める。

広大な大地の上では寝転がってみたり、トリック写真を撮ったりと、楽しみ方は様々だ。

f:id:KAWAHATA_ETC:20140421121304j:plain

天候が許せば夜は、空気が乾燥している乾季だからこそ、天然プラネタリウムのように広がる満天の星空に出会える確率も高い。

強い日差しを受け、目も開けていられない程眩い真っ白な塩湖。

塩湖の中央に立てば、360度見渡す限り真っ白な平原が広がっていて、まるで雪原の銀世界に立って居るような錯覚さえ覚える。

壮大なスケールで白く眩い世界、是非、ご自身の目で見に行って欲しい。

 

ユーラシア旅行社で行く、乾季のウユニ塩湖ツアーの魅力はこちらでご確認下さい!