読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーラシア旅行社海外ツアー情報

世界130ケ国以上を扱うユーラシア旅行社が海外旅行の最新情報をお届けします。

映画『ノア 約束の舟』2014年6月13日公開

f:id:KAWAHATA_ETC:20140325111829j:plain

2014年6月13日公開の映画『ノア、約束の舟』!

CGを利用した迫力の「大洪水」シーンは、

予告版を観るだけでドキドキしますね。

本作の監督は「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキー

主演のノア役にはアカデミー賞男優のラッセル・クロウが、

また同じくアカデミー賞女優のジェニファー・コネリー

ノアの妻役を演じます。

ノアと共に箱舟に乗る子供たちには、

ハリーポッターシリーズで知らない人はいないといえるエマ・ワトソン

人気の若手俳優が名を連ねています。

旧約聖書というと、ちょっと敷居が高いような気がしてしまいますが、

名を連ねた名優達を見ても、

人類の絶滅という未曾有の危機に

重大な使命を下された1人の人間のドラマが重厚に描かれるであろう本作が

非常に楽しみになってきます。

 

さて、ノアの箱舟、という言葉やおおよそのエピソードは皆様ご存知のことと思いますが、

大洪水の後のノアの行動については、それほど有名ではないかもしれません。

大嵐を乗り越えた箱舟はやがて高い山の頂にたどり着きます。

ようやく大地が乾いてくると、彼らは神に感謝の祈りと生贄を捧げます。

やがてノアたちはブドウの栽培をはじめ、ワインを造り、神への供え物としました。

 

ノアの箱舟がたどり着いた場所は諸説ありますが、

紀元前3千年ごろにはワイン造りを行っており

ブドウの原産地である、コーカサス三国のある辺りが有力視されています。

中でも、コーカサスのシンボルともいえるアララト山こそ

その頂きではないかといわれています。

 

アララト山は現在のトルコ領内にある山ですが、

富士山のような美しい姿は、隣国のアルメニアの人々にも愛されています。

アルメニアからアララト山を最も美しく望める

ホルヴィラップ修道院へ行くと、

その周辺には青々としたブドウ畑が広がっていて、

ノアの時代から景色といわれても納得してしまいそうな眺めです。

 

他にも、アルメニアの隣、アゼルバイジャンの飛び地である

ナヒチェヴァン自治共和国には、

ノアの墓と伝えられるモニュメントなどもあります。

 

聖書の世界、というと、地中海や死海周辺地域と思われがちですが、

カスピ海黒海の間に広がるコーカサス三国にも

ノアの箱舟伝説などの聖書に関係した伝説がいくつか残っていて、

壮大な物語の続きに立っているような

雄大な風景に出会うことが出来ます。

 

ユーラシア旅行社でいくコーカサス三国ツアーの魅力はこちら